taka-tech memo

本家taka-tech.netのメモ帳

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Andrzej NiewiarowskiのZEOvit水槽 

今回選ばれたのはAndrzej Niewiarowski氏のZEOvit水槽です。中々パステルじゃないですか!

AQUARIUM DATA
200 x 85 x 70 cm - Display Tank
180 x 50 x 50 cm - Sump
Volume 440 US gallons

System parameters:
Alkalinity: 7.5
Calcium: 400 mg
pH: 7.8 - 8.0
Magnesium: 1250 mg
Temperature: 24.5 - 25.2
Po4 (Phosphate): Hanna 0.00 - 0.01 mg
No3 (Nitrate): generally 0 mg
Salinity: 35 PSU
Density: 1.026 Kg/m^3 (@ 25°C – 77°F)

Misc. Equipment:
Tritron 420 eco (21.000L) and Deltec 8070s as main pumps

LIGHTING
Ati Powermodule 10x 80W + 3 x 80 W+ 4x 24W
2x KZ Fiji 80W , 6x ATI Blue plus 80W , 5x ATI Aquablue special 80W , 2x ATI blue plus 24W , 2x KZ fiji 24W 120W LED modular lamp in propagation tank

Photoperiod:
4 bulbs 80W on 12 hours a day: from 8 am to 9 pm
9 bulbs 80W + 4x24W on 7 hours a day: from 10 am to 5 pm
Moonlight


FILTRATION & ADDITIVES
ZEOvit Products
ZeoBak 6 drops 2x week
ZeoStart 6 drops 2 x daily
Xtra 5 ml daily
AAHC 5 drops every other day
SP 4 drops every other day
Coral Vitalizer 30 drops 2 x week
Coral Snow 8 ml 2x week
ZeoZym 1 teaspoon 1x week
Jod-Complex 4 drops 1x week
Iron 5 drops 1x week
K balance if needed
Other Miscellaneous Maintenance
Every week I change 10% of water.

EQUIPMENT & MAINTENANCE
Controller: AT control - ph in tank , ph reaktor , redox , temp , conduct , water level Profilux - temp , ph and ligth ( Powermodule dimmable)
Ca / KH addition CACO2 reaktor + Balling method; liquids added via Grotech Tec III
Reverse Osmosis: RO/DI unit -90 l /day
Water Circulation: 4x Tunze 6205 + Red Dragon 6500
Cooling System: Teco 20
ZEOvit Reaktor Korallenzucht Magnetic ZeoVit Reactor L with 3.3 l zeovit
Protein Skimmer: Korallenzucht Revolution L
Fish Feedings: Mysid shrimp, Brine shrimp, Oyster eggs, Mussels, Red Plankton , Krill, Cyclop eeze, Microplankton + Nori
Animals are fed 4-5 times a day


Grajewo1
Grajewo2
Grajewo3

△page top

生分解プラスチック 

本家で紹介したNatural Nitrate Reducerに関連して、生分解プラスチック(BDP:Biologically degradable polymers)にPHB(Polyhydroxybutyrates)とPCL(Polycaprolactone)について書きます。

BDPの特徴として以下のものがあります。
1.PHBを嫌気環境下に置くことで、特別なバクテリアが湧きそれにより分解される。
2.PHBとPCLを嫌気リアクター(0.3-0.5L/hの流量)に入れることにより、硝酸塩を処理する。必要量は280-380g/100Lで非常に高い。
3.PHBは、PCLより2~3倍高価。

このPCLで発見された新たなものは以下のもの
1.PCLだけを好気環境で使用すると嫌気環境よりも早くてより効率的に硝酸塩を処理できる
   →底砂の大きさが小さいものよりも大きいものの方がより効率よく硝酸塩を処理できることが実験で証明済み

△page top

BioPellets 

BioPelletsのスレッドをRCで見ないなあと思っていたら、Chemistry Forumで議論されてました。結構スレッドを伸びているので、今後に期待。個人的にはもう少し具体的なデータ(栄養塩濃度など)が欲しいところです。
http://reefcentral.com/forums/showthread.php?t=1694529

△page top

KZ社のCoral Snowと他の添加剤の相性 

KZ社から販売されているCoral Snowって製品があります。以下が説明です。
“Coral Snow is a liquid form secondary biological facilitator for elements such as Bbalance and Potassium-Iodide/Flouride Concentrate. It is also compatible with Amino Acids and Coral Vitalizer.
Coral Snow contains a natural calcium-magnesium carbonate among other ingredients. The particles as well as the other compounds can be taken up directly by the corals. Coral Snow neutralizes unwanted acids and yellowing compounds and can be beneficial in the prevention of e.g. slime algae and cyano bacteria.

We dose Coral Snow daily, every time with a different element, The necessary amount of Coral Snow is poured into a small container and mixed with the to be dosed element. Gently mix and let it sit for about 5 minutes. Then add it directly to the tank at an areawith high water flow. You can use 0.5 to max. 4 ml Coral Snow per 25 gallons daily. The initial cloudiness is not harmful to fishes or even the most sensitive corals.”

要するに、B-Balance、PIF、アミノ酸、Coral Vitalizerなどの添加剤と併用することにより、サンゴに直接摂取させることが可能だとの事。本当なら画期的な商品。Fauna Marinなども同様の製品を出してきているので、これからのトレンドになる可能性も無きにしも非ず。

△page top

蛍光タンパク質などに関するメモ 

自分のメモなので、間違いがあるのはご勘弁を。

1.MAAs(マイコスポリン様アミノ酸)は、~360nmのUVを吸収するが、それより長い波長の光は吸収しない。(Bandaranayake, 1998)
2.Fluorescence(蛍光色)とは、物質がある特定の波長を吸収し、違う波長の光として放射することを言う。
3.Emission spectrum(蛍光波長)とは、ある波長の光を放射することを言う。
4.Excitation spectrum(励起波長)とは、ある波長の光により、蛍光色を励起することを言う。最大励起波長をサンゴの蛍光タンパク質に照射することで、もっとも効率よくその蛍光タンパク質を励起することができる。
5.Photoconversion(光変換)とは、UVなどの光により蛍光タンパク質の光の吸収・放射特性が変化することを言う。
6.Chromoproteinsとは、日本語で色素蛋白である。主に、花虫綱(Anthozoa)の色素が目で見て蛍光色でないものを指す。
7.サンゴの蛍光色は、褐虫藻の色によるものではない。
8.蛍光タンパク質は、サンゴ自体や褐虫藻を守る役目があるかもしれない。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。