taka-tech memo

本家taka-tech.netのメモ帳

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

bryopsis (ハネモ)撃退法 

RCのスレッドでKent Tech M(マグネシウム添加剤)を使用して、マグネシウムレベルを1600ppmまで上げることでBryopsis(ハネモなど)を撃退できると読みました。その中で面白かったのは、Mgレベルが1600ppmが原因でBryopsis(ハネモなど)がなくなるのではなく、Tech Mに含まれている亜鉛・銅によってBryopsis(ハネモなど)がなくなるのではないと書かれていました。なるほど。

因みに、Tech Mには以下の成分が含まれているようです。
magnesium, chlorine, sulfur, calcium, potassium, bromine, strontium, boron, fluorine, lithium, rubidium, iodine, iron, molybdenum, zinc, nickel, copper, manganese, vanadium, cesium, cobalt, tungsten, selenium, and chromium.

RCの元スレッド
スポンサーサイト

△page top

« 栄養塩よりDOC(Dissolved organic carbon)がサンゴに悪影響
硝酸カリウム添加によるSPSの色揚げ効果について »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

これは是非とも試してみたいことです!
ハネモは低栄養塩の方が好んで出ると最近教わってから
Mg高めと言う方法をやるかやらないか考えてました^^

KHを低め、Caに対してMg高めと聞いていますので
やってみようかなと思います^^

URL | まっすん #SFo5/nok

2009/10/02 12:57 * 編集 *

Re: タイトルなし

まっすんさん、
たぶん、Mgを上げれば自然とCa、KHは下がる気がします。珊瑚への影響だけが気になりますね。レポ期待してます~。

> これは是非とも試してみたいことです!
> ハネモは低栄養塩の方が好んで出ると最近教わってから
> Mg高めと言う方法をやるかやらないか考えてました^^
>
> KHを低め、Caに対してMg高めと聞いていますので
> やってみようかなと思います^^

URL | TAKA #-

2009/10/03 01:22 * 編集 *

こんばんわ
我が家はアクリル面につく珪藻(通称茶こけ)に悩まされています。貝類は好みではないので、入れない方向で検討しています。珪藻はケイ素を取り込み増殖するみたいなのですが、ゲルマニウムを入れると珪藻はケイ素ではなくゲルマニウムを吸収してしまい、増殖出来なくなるみたいです。この原理を利用したアクア製品もあるみたいですが、効果は珪藻限定みたいです。ミドリイシに対する影響は未知数みたいなので、情報を集めていました。
そのアクア製品を調べてみるとゲルマニウムのほかにマグネシウムも含まれていました。マグネシウムも何らかの効果があるのでしょうね。珪藻やハネモの好む環境はミドリイシとほぼ同じみたいですので、結局は掃除をするか貝を入れるしか方法はないのかな?と感じているこのごろです。ゲルマニウムは高価ですが、マグネシウムは“にがり”として日本では販売されてます。

URL | sugeno #-

2010/02/04 00:11 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://boulderaqua.blog47.fc2.com/tb.php/23-d5f8153f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。