taka-tech memo

本家taka-tech.netのメモ帳

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

蛍光タンパク質などに関するメモ 

自分のメモなので、間違いがあるのはご勘弁を。

1.MAAs(マイコスポリン様アミノ酸)は、~360nmのUVを吸収するが、それより長い波長の光は吸収しない。(Bandaranayake, 1998)
2.Fluorescence(蛍光色)とは、物質がある特定の波長を吸収し、違う波長の光として放射することを言う。
3.Emission spectrum(蛍光波長)とは、ある波長の光を放射することを言う。
4.Excitation spectrum(励起波長)とは、ある波長の光により、蛍光色を励起することを言う。最大励起波長をサンゴの蛍光タンパク質に照射することで、もっとも効率よくその蛍光タンパク質を励起することができる。
5.Photoconversion(光変換)とは、UVなどの光により蛍光タンパク質の光の吸収・放射特性が変化することを言う。
6.Chromoproteinsとは、日本語で色素蛋白である。主に、花虫綱(Anthozoa)の色素が目で見て蛍光色でないものを指す。
7.サンゴの蛍光色は、褐虫藻の色によるものではない。
8.蛍光タンパク質は、サンゴ自体や褐虫藻を守る役目があるかもしれない。
スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。