taka-tech memo

本家taka-tech.netのメモ帳

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

PolandのSzymonさんの水槽 

Polandにお住まいのSzymonさんの水槽です。
見て分かるように、高さが非常に低いです。
ATI Powermodule fixture: 10 x 80 watt bulbs

*写真をクリックすると全体が見えます。
Szymon's tank
http://reefkeeping.com/issues/2008-07/totm/index.php

スポンサーサイト

△page top

Ming水槽のPAR値 

Mingさん水槽のT5蛍光灯下で測定したPAR値がありました。ナイス!
Size: 60 x 30 x 24(H) Euro-braced
Lighting: ATI Powermodule 10 x 54W, hanging 5 inches from water level
Lightbulbs 9 months old
T5 combination: front to back
Blue+
Aqublue spec.
Blue+
GE 6500 K
Blue+
Aqusun
Aquablue spec.
Blue+
Aqusun
Blue+

下のPAR値は、9ヵ月後の値だそうです。3ヵ月後の蛍光灯は、ライトは水面から10インチに設置していましたが、PAR値が落ちてきたので水面から5インチに下げると同じPAR値が得られたそうです。
因みに、2つのBlue+球は1日11時間、他の球は1日9時間点灯だそうです。
因みに、反射板とライトを冷やすファンは、ライトの寿命に非常に影響があるようです。

*クリックすると写真が大きくなります。
Photobucket

△page top

Mingさんの水槽 

Mingさんの水槽です。
60 x 30 x 24(H), 200G. lighting by ATI 10 x 54W
T5 combination: 5 x blue+, 2 x Aqublue spec., 2 x Aqusun UVL, 1 x GE 6500.
機材:Protein skimmers (H&S and Deltec), refugium and regular water change.

*写真をクリックすると全体が見れます。
Ming's Tank

△page top

Zeovitの初期立ち上げ14日間 

Zeovitの初期立ち上げ14日間のガイドラインが出ています。

Day 1:
1. Water
Fill the system with reverse osmosis water, if possible use the RO unit with a filter resin as last stage. Warm up the water to 20-25° C and install current pumps at the same time.

2. Current
We recommend a smooth and broad flow, about 20-30 times of the tank’s volume per hour. Also well approved is the combination with Osci-Motion – they create a very natural shifting streaming due to the pivoting pumps.

3. Sea salt
As soon as the water temperature is around 25 °C add salt slowly into the current and adopt the salinity around 34 %o. Live rock can be added as soon as the salt has dissolved completely and the water is clear.

4. Live rock
It is very important to use fresh and clear live rock, approx. 10 % of the tank’s contents. Always available in our online shop or in our store in Coburg. Rock work can easily and stable be fixed with Speedglue without harming the water quality in any way.

After you bring in the live rock in the tank, the sand bed is next. At this time the skimmer is started as well as the ZEOvit® filter and the tank needs light now!

5. Sand bed
Now you can add a shallow sand bed. Use crushed Coral Sand or Aragonite from Korallenzucht. Do not use Live Sand in combination with the ZEOvit® system.

Coral Sand
Very clean coral sand from the best coral regions in a optimal size of 2-4 mm. Soak in reverse osmosis water for 3-4 days before use and replace osmosis water daily.

Or you can take Aragonite:
High quality sand without phosphates for sand bed. This can be used immediately without soaking for a few days.

6. Start the ZEOvit® filter and skimmer
Use 1 liter ZEOvit® for each 400 l of water tank volume. Do not exceed flow rate through the filter of 400 l per hour maximum. Start your protein skimmer.

7. Lighting and other technical equipment
Start the lighting min. 10 hours per day. Start also all other technical equipment now.

8. Dosage
The addition of ZEObak, ZEOstart and Sponge Power can be started now.

ZEObak: 5 ml per 100 liters/25 gallons
ZEOstart: 10 ml per 100 liters/25 gallons
Sponge Power: 3 ml per 100 liters/25 gallons

Day 2 and Day 3
Dosing break.

Day 4:
Dose ZEObak, ZEOstart and Sponge Power as recommended on the products label.

Day 4-10:
Different algae phases can appear, like some brown slime algae followed by some healthy green algae. Use the same dosage like described for day 4 above. Double check Salinity.

Day 10
First herbivore fish (max. 2 per 200 L) can be added, also sea urchins and turbo snails. You should also be able to add the first not to sensitive corals like branching Montipora. Add now the Activated Carbon.

Activated Carbon
As soon as the first animals are stocked into the system, add the Activated Carbon: 0.5 – 1 Liter per 1000 liters as recommended. Replacement interval 30 days.

Day 11-14
Keep dosage as described for day 4. Test Carbonate Hardness and Salinity carefully. More corals can now be added into the system. Additional fish can be added but should be done very slow. Also fish feeding has to be done very carefully in this phase as biology is not very stabile in this phase. Do not add more fish than 1-2 fish per 250 liters per week. After additional 4 weeks you can add the rest of the fish which where planed for the system.

http://www.korallen-zucht.de/en/service/initial-cycle-just-14-days/index.html

△page top

各種人工海水のデータ 


              Calcium Alkalinity Magnesium
Aquatic Gardens     430     8     1240
CoraLife          560     9     1380
Crystal Sea Marinemix 340     9     1050
Crystal Sea Marinemix 340     9     1050
Bio-Assay
D-D H2Ocean 450 10 1380
Instant Ocean 350 12 1070
Kent 540 11 1200
Marine Environment 480 7.5 1450
Oceanic 580 8.5 1650
OceanPure 510 10 1320
Red Sea 400 8 1300
Red Sea Coral Pro 490 7 1300
Reef Crystals       420     12     1260
Reefer's Best       420     11     1200
SeaChem Marine Salt  500     10     1400
SeaChem Reef Salt   540     10     1450
Tropic Marin        375     10     1230
Tropic Marin Pro Reef  450     8.5     1380
Tunze Reef Salt 420 9.5 1350

参考
http://www.reefcentral.com/forums/showthread.php?s=&threadid=1287118

△page top

褐虫藻の増減、成長 

Dana Riddle氏の記事で、青色光と赤色光が褐虫藻に及ぼす影響を書いた記事を見つけました。
青色光(450nm)では、褐虫藻自体も成長(大きくなる?)し、分裂も良く行われます。それに対して、赤色光(660nm)では、分裂はあまりせず、成長が盛んに行われるようです。
当然、1日の光の照射時間にもよります。詳しくは以下のサイトに書いてあります。

http://www.advancedaquarist.com/2009/5/aafeature



△page top

T5蛍光灯の基礎 

GrimっていうColorado在住の方が、T5蛍光灯について色々研究されています。
T5蛍光灯で困るのは、長さによってランプのワット数が決められていること。
24 watts = 24” lamp
39 watts = 36” lamp
54 watts = 48” lamp
80 watts = 60” lamp
105 watts = 72” lamp

水槽の深さによる推奨ランプ数
12”(30cm)まで 4 lamps
18”(46cm)まで 6 lamps
24”(60cm)まで 8 lamps
30”(75cm)まで 10 or 12 lamps

http://tfivetesting.googlepages.com/

△page top

サンゴに必要なPAR Part2 

Photosaturation-これ以上可視光線を当てても光合成能力が上がらないポイント
Photoinhibition(光阻害)-可視光により引き起こされる、(色素崩壊とは無関係な)光合成能力の低下
*Photoinhibitionは、Powles 1984で定義されたものを記載していますが、Photosaturationは自分が人に聞いた定義です。間違っていたらご指摘お願いします。

サンゴの色に直接関係無いかもしれませんが、サンゴに必要なPARについて書いた記事を探していました。前の記事のものと結果が違いますが、いかのサイトのほうがあっている気がします。
ミドリイシであってもPARは大体250~400ぐらいでPhotosaturationに達するようです。で、以前の記事内の写真を見ると分かりますが、T5蛍光灯でも大体この値をクリアしています。あと、面白いのは、一部のStylophora pistillata(ショウガサンゴ)はPARが2000を超えてもPhotosaturationにならないようです。強い光をあてれば当てるほど光合成がより行われるようです。
あと、注目すべきはPhotoinhibitionが起こることです。要するに、ただ単に強照明を当てているだけでは、光合成を阻害し、珊瑚の成長にも影響があると言うことだとお思います。
適度な照明のほかに水流なども重要だと思い知らされます。

http://www.advancedaquarist.com/2007/3/aafeature1

△page top

サンゴに必要なPAR 

太陽光が水中に入った後、どの色の光がどのくらいの深度まで届くか表したものです。深度10mより浅場では、すべての可視光線が届いているように見えます。
Light spectrum

下の写真はMH(900W+250W+250W=900W)とT5(80Wx8 + 140W=780W)とのPARの比較表です。白色の数字がMH、色つき文字がT5です。ちなみに、赤文字はMHよりPARが低く、緑はMHよりPARが高い場合です。
見て分かるように、MHよりもPARが高いところもあります。
しかしながら、下記リンクを見るとAcroporaで必要なPARは600-1000とあります。これでも暗い?のかなあ。

*フル写真を見るには写真をクリックして下さい。
PAR MH and T5

サンゴにどのくらいのPARが必要か書かれた記事です。
http://www.advancedaquarist.com/2007/3/aafeature1

http://www.advancedaquarist.com/2006/1/lines/view

△page top

T5蛍光灯でSPS飼育 

http://reefcentral.com/forums/showthread.php?s=&threadid=1634695
にSPSをどの照明で飼育しているか投票できます。結果を見てびっくりしましたが、かなりの人がT5蛍光灯だけでSPSを飼育しています。電気代とT5蛍光灯の進歩を考えれば、当然の流れかもしれませんね。

△page top

日本産Paly? 

ほんまに日本産か?確か違法では?
Japanese Paly

△page top

Photobucket 

FC2の容量が小さいので、フリーで使用できるフォトアルバムhttp://photobucket.com/を使用することにします。
http://photobucket.com/

容量:1GB
月のデータ転送量:25GB

△page top

T5蛍光灯でSPS飼育 

本家、taka-tech.netでも紹介しましたが、海外ではT5蛍光灯を使用し、SPSを綺麗な色で飼育している人がいます。RCに沢山写真が載っているので見る価値あるでしょう。
日本でもT5蛍光灯の灯具が販売開始されたようです。球の種類が少ないので、海外から取り寄せて試してみる価値はあると思います。日本で誰かT5でSPS飼育始めないかなあ。。。

Sonny's Reef
http://reefcentral.com/forums/showthread.php?s=&threadid=1436138&perpage=25&pagenumber=1

Apinun in Thailand
http://reefcentral.com/forums/showthread.php?s=&threadid=1598287

T5 SPS tank
http://reefcentral.com/forums/showthread.php?s=&threadid=1584634

T5 SPS Show off thread
http://reefcentral.com/forums/showthread.php?s=&threadid=1083336

△page top

Dana Riddleのサンゴの色に関しての記事 

サンゴの色の興味は誰しも持っていると思うし、私も一番興味があるものの一つです。Dana Riddle氏は、結構な数の記事を書かれていて、非常に興味深いです。
全て読んでいませんが、以下のワードがキーだと思います。
Chromoproteins
Green Fluorescent Proteins
‘Kindling’ Proteins (KPs)
Fluorescence Proteins
Excitation
Emission


Feature Article: Coral Coloration: Fluorescence: Part 1

Feature Article: Coral Coloration, Part 2: Feature Article: Coral Coloration, Part 2:
Fluorescence: Pigments 510 - 565 and Notes on Green Fluorescent Proteins


Feature Article: Coral Coloration, Part 3:
Pigments Responsible for Yellow and Orange Coloration, With Notes on Photoconversion


Feature Article: Coral Coloration, Part 4:
Red Fluorescent Pigments, a Preliminary Report of Effects of Various Environmental Factors and Color Mixing


Feature Article: Coral Coloration, Part 5:
Non-fluorescent Chromoproteins (CP-480 to CP-562)


Feature Article: Coral Coloration, Part 6:
Non-fluorescent Chromoproteins (CP-568 – CP-610) And A Newly Discovered Colorant


Feature Article: Coral Coloration - Part 7:
Coral Reflectance, Chromoproteins and Environmental Factors Affecting Non-fluorescent Pigmentation


Feature Article: Coral Coloration, Part 8:
Blue and Green Coral Fluorescence: Environmental Factors Affecting Fluorescent Pigmentation


Feature Article: Coral Coloration, Part 9:
Tridacna and Other Photosynthetic Clam Coloration, With Observations on Possible Functions




△page top

Archohelia rediviva 

LiveAquariaで販売されていたオーストラリアのLPSです。見たことないですね。値段は、300ドル。

Archohelia rediviva

Care Level: Moderate
Temperament: Semi-aggressive
Lighting: Low
Waterflow: Medium
Placement: Bottom to Middle

△page top

NaClフリー塩 

NaClフリー塩、英語ではNaCl Free salt。読んで字のごとく、海水成分のナトリウムと塩素を取り除いた塩である。NaCl(塩化ナトリウム)が含まれて居ないので「塩」とは言えないかもしれませんが。。。
ボーリングメソッドでこのNaClフリー塩を使用する目的は、水中のイオンバランスを崩さないため。もう少し詳しく書くと、塩化カルシウム(CaCl2)と重曹(NaHCO3)を添加することによるナトリウムイオンと塩素イオンの割合が増えるので、それを防ぐためです。
しかしながら、定期的な水換えによりイオンバランスが崩れることは少ないようです。

参考
http://shop.faunamarin.de/product_info.php?info=p46_BALLING-SALTS---Mineral-Salt.html

△page top

Heinz's Balling Complete plus 

以下が、Heinz's Balling Complete plusレシピです。
トレースエレメント、NaClフリー塩、などはFauna Marin社のものを使用。このNaClフリー塩が中々手に入らない。EUでは、容易に入手可。

#1 Jug:
715 Gram Calcium Chloride-Dihydrate in 10 Liter RO Water
+50 ml Ultra Trace 1 - Strontium, Calcium
+50 ml Ultra Trace 2 - Iron, Zinc Elements
#2 Jug:
840 Gram Sodium Hydrogen Carbonate in 10 liter RO water
+ 50 ml Ultra Trace 3 - Iodine, Boron Elements
#3 Jug:
250 Gram Sea Salt without Sodium Chloride in 10 liter RO water
+ 550 Gram Magnesium Chloride-Hexahydrate
+ 80 Gram Magnesium Sulfate-Heptahydrate
+ Additionally 250ml Fauna Marine UltraminS

参考
http://www.reefsanctuary.com/forums/reef-chemistry-forum/28307-balling-method-supplementing.html

△page top

FC2ブログでメモ帳だー 

本家のtaka-tech.netと違い、自分のメモ帳代わりに使用します。あまり他の人には意味のないブログかも。。。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。