taka-tech memo

本家taka-tech.netのメモ帳

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

生分解プラスチック 

本家で紹介したNatural Nitrate Reducerに関連して、生分解プラスチック(BDP:Biologically degradable polymers)にPHB(Polyhydroxybutyrates)とPCL(Polycaprolactone)について書きます。

BDPの特徴として以下のものがあります。
1.PHBを嫌気環境下に置くことで、特別なバクテリアが湧きそれにより分解される。
2.PHBとPCLを嫌気リアクター(0.3-0.5L/hの流量)に入れることにより、硝酸塩を処理する。必要量は280-380g/100Lで非常に高い。
3.PHBは、PCLより2~3倍高価。

このPCLで発見された新たなものは以下のもの
1.PCLだけを好気環境で使用すると嫌気環境よりも早くてより効率的に硝酸塩を処理できる
   →底砂の大きさが小さいものよりも大きいものの方がより効率よく硝酸塩を処理できることが実験で証明済み

スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。